2011年11月07日

「推し量る力」

昨夜書いた記事、
あいすちゃんへ にのみやさをり」に書いた、推し量る力について書く。


私は、他人も一緒に楽しめるようなことをするのが好きda


裏を返せば、

他人が嫌がるだろうと思われることは極力避ける、ということ。


これは小さいころからの癖のようなもので、放置しておくと簡単に共依存に陥る。

PDCAという言葉を知るずっと前から、
私は人間関係でPDCAを回してきた。

「推し量る力」

これを、私はそう呼ぶ。

正方向に使えば、人を巻き込む力となり、
負の方向に使えば、共依存となる。

使い方がうまくわからず、大変だったけれど、
いまはそれがなかなかいい方向に使えているのかな、と思っている。

他人の観察分析推測をしつつ、
共依存に陥らない程度に線は引きつつ、
相手が望んでいるだろうことをやってみるという、推し量る力。

「社交性・目標志向・ポジティブ・学習欲・回復志向 」

今ではこれらが私の強みの資質となっている。
これは、才能ではなくて、とにかく続けたことによって得られたのだと思う。


推し量る力を正方向に使い出してから、
感情で語るような人とは関係が薄れ、断たれてきた。

実際、感情で話す人とは会話がうまくできなくなっている。
そのため、必要最低限だけ話すことにしている。


「歯車」

と、お友達あられさんは私のことを例えた。

回転数の違う歯車がいっぱいあって何かをきっかけにカチってメインで動く歯車が入れ替わる感じw
だから回りとちょっと回転数が変わって周りの人がついていけなくなる、みたいなww

なるほど。歯車好きだし、素敵表現。
あられさん、ありがとうございます。

というか、周りの人がついていけなくなる、という表現があちゃちゃ。


知識をいれることは、歯車の歯が増えたり、噛みあわせが細かくなったりすることなのかな。
そう考えると、急に自分が意図しないところで何かが変わっている感じがするのもわかる。
少しすると、しっくりするのだけれど。


これから私が進んでいく上で、
この記事を読んでくださっているあなたと会話がうまくできなくなったとしても、
あなたが嫌いになった、ということでは決してなく、

あなたとの歯車が合わなくなってしまったのだと思っていただければ、幸いである。


【関連する記事】
posted by あいす at 21:30| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。