2011年12月07日

六花チヨさんの「IS」をよろしくお願いします!!

あいすさん、Twitterをながめていたら、
おともだちのらみぃさんが、クライミングの漫画があるとつぶやいていました。
なので、「よみたい!」といってみました。




そうすると、



返事が来ました。

六花チヨさん・・・・?
プロフィールをみると、「IS」という文字が。

即、ネット検索するあいすさん。

六花チヨさんって、六花チヨさんですかぁああ??(驚)




ということで、思わぬところから六花チヨさんにつながりました。すげぇ。
宣伝します、はいw
六花さんには、この記事を書くことは了解を得ています。


以下、宣伝ですw

---

『IS 〜男でも女でもない性〜』

以下、ウィキペディアからの引用
タイトルにもある「IS」とは「インターセクシュアル (intersexual) 」の略である。
「半陰陽」とも言い、遺伝子、染色体、生殖器(性腺、内性器、外性器)などの一部または全てが非典型的であり、
身体的な性別を男性や女性として単純には分類できない状態を指す(詳細は半陰陽の項参照)。
本作はそういった身体的特徴を持つ人々を主人公に据え、彼(彼女)らの心の動きや、その周囲を取り巻く環境を描いた作品である。

実はこの作品の名前を前から知っていました。
ドラマ化されると聞いて、本屋さんで表紙を眺めていました。(中は読んでいないw)
ドラマでは、福田沙紀さんが春役を演じており、
上戸彩さんが金八先生で演じていた直くらいすごいなーと思いました。
(直は性同一性障害でしたが)

金八先生のあと、性同一性障害は世間にも認知され、法律も変わりました。
その分、自称の人も増えました。
(本当は、診断されないと障害にはならない)

「IS」もそういう意味では、世間に認知を広める挑戦的なドラマだなぁと眺めていました。


レッドポイント」は手にいれて読みましたが、
「IS」は本屋さんになくて(なぜだー)これから手に入れます。

「レッドポイント」はボルダリング初心者あいすにはためになる漫画です。ふふふ。
若葉ちゃんの身体能力がほしいです。



ということで、宣伝以上です。
いかがでしょうかーーー六花さん(問いかけてみる)

【関連する記事】
posted by あいす at 19:59| Comment(3) | おしらせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ありがとうございますm(__)m感謝でございます!
Posted by 六花チヨ at 2011年12月07日 22:34
始めまして。

わたしもセクシャルマイノリティの一人です^^
わたしはGID・MtFです。
『IS』はTVドラマを見ていました。
(本はまだ…(´▽`;)ゞ)
ISはこのドラマで認知度が広がりましたねー(´ω`)
GIDとISの違いなどを、時々聞かれたりします。
ISにもいろいろな種類がある事を、このドラマで知るきっかけになりました。

『性別』…
ホントに『性別』って、要るのかな?
と思ってしまう今日この頃です…
Posted by 鮎亜美 at 2011年12月11日 03:56
六花さん>

わーい!六花さんだーーー
コメント、ありがとうございます!


鮎亜美さん>

はじめまして。
コメント、ありがとうございます。

本も大人買いしちゃいましたーーー(笑)

ISもグラデーションなんだなぁと私も思いました。
性別、という言葉自体が、ちょっと無理がありますよね。
そんなに、物事はぱきっとわかれないですから。。。

Posted by あいす at 2011年12月13日 22:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。