2011年12月07日

鎌倉ラヴァーズ・キス撮影スポットの旅 準備編

2011年10月の終わり。
あいすさんは、お友達のわかばさんに連れられ、自転車屋さんにゆきました。
自転車屋さんと言っても、ママチャリではなく、クロスバイクとかロードバイクとか。

そこであいすさんが気になった自転車はマウンテンバイク。
(基本的に機械というか、歯車や基盤を見ているとわくわくしている人です)

おともだちらみぃさんから、
「相模原か鎌倉でマウンテンバイク乗れるよー」と教えていただき、

鎌倉なら、ラヴァーズ・キス撮影スポットを巡りたいと思っていたので、それができるねw
と、あおいファン女子を誘い、ラヴァーズキス撮影スポットの旅を企画しました。


「ラヴァーズ・キス」を皆さんはご存じでしょうか。




以下、ウィキペディアからの引用です。

『ラヴァーズ・キス』 (LOVERS' KISS)は、吉田秋生による漫画作品、及びそれを原作として2003年に公開された映画(監督:及川中)。鎌倉を舞台に繰り広げられる、男女6人の交錯する想いを描いたラブストーリー。

映画紹介サイト
http://www.cinematopics.com/cinema/works/output2.php?oid=2927

2002年の映画です。。。10年前。あおいちゃん撮影時は16歳です。
私はこの映画の舞台挨拶に行きました。

セクシャルマイノリティの中では有名な映画かもしれません。
出演する高校生の関係がw
あおいちゃんは、先輩にあこがれる女の子役です。


10年前の映画です。撮影スポットを探そうにも、
当時は専用サイトがありましたが、今はない。
巡った方々のブログもなくなっている。

さて、どうするか。
単にラヴァーズ・キスの映画を見ただけでは撮影スポットはわからないだろうなーと考え、
こういう流れで探してみました。


・ラヴァーズ・キスも絡む吉田秋生さんの今も刊行中「海街diary」の鎌倉解説本「すずちゃんの鎌倉さんぽ」を読む
(漫画のスポットがわかります。リアル場所写真との比較。海街とラヴァーズ・キスどちらも載っていま  す)

・ラヴァーズ・キスの初回限定版にある、特典をみる
(説明が結構あって、最初のとっかかりにはよかったです)

・ラヴァーズ・キスオフィシャルガイドブックをみる
(撮影スポット載っていますが、途中あちこち白黒で、見にくい!!
 ほかの映像なども見た後にもう一度地図をみると、ああ、ここのことねwとわかります)

・ラヴァーズ・キスの主役平山あやさんのDVDをみる こちら
(これは、平山あやさんと鎌倉デートをするという内容でかなり役に立ちましたw)

・紙に書き出して、すずちゃんの鎌倉さんぽの表紙裏の地図に撮影スポットを書き込む

・自転車やさん「GROVE」の自転車で回るコー スや、グーグルマップ、鎌倉江ノ島自転車ブログを参考に時間配分を考える

・前日まで雨予報だったので、
 当日は晴(ハイキングコース行くので足場濡れてる・濡れてない場合)・曇・雨の場合のコースを考える


あおいファン女子には、
当日の待ち合わせ時間と、自転車に乗れる格好、自転車やさんのリンクだけ伝えました。


さて、どうなるかなーーーww



posted by あいす at 17:58| Comment(0) | いってみたよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月21日

中谷美紀さんの「猟銃」をみてきました2

「猟銃」のインタビューだよ→ http://l-tike.com/interview/play/huntinggun/


中谷美紀さんの「猟銃」をみてきました

この日に、当日予約電話番号をてにいれたあいすさん。

10/19(水)にもともと、

11時よりクリニックで血液検査
17時30分よりクリニックで診察

という予定を立てていたので、
その隙間の14時からの中谷美紀さんの舞台がちょうど入る!と当日予約にかけました。


10時になって電話してもつながらず、、、
つながったころには、当日予約でもさらにキャンセル待ち5番目席。うおー
キャンセル待ち席は、13時50分に舞台会場で並んで、席があれば入れますよ、という席。

とりあえず行くしかないよね☆(笑顔)

と、絶食で新宿へ行き、血を抜かれ、
イタリアビュッフェやさんで、中谷美紀さんへのカードを書いていました。


知っている人は知っているでしょうが、
舞台やコンサートでは、プレゼントを預けることができます。

「プレゼントは預けられますか?」と会場の人に聞けば、
どこに預けたらよいのか教えてもらえます。

そして、名前を書いて、預けて終了。
広瀬香美さんの「インコちゃん」のときに、確かに本人に届いたのを確認しています。

詳しくはこちら


---

さて、舞台会場で、キャンセル待ち5番目で並ぶあいすさん。
まぁ、ここにきてだめなら、しょうがないし。

と、キャンセル待ち2番目の人が呼ばれる。
3・・・4・・・

・・・これ、5番目もいけるな。
だって、私、そんな運悪くないもん。

と何の根拠もなく思うあいすさん(笑)

5番目も呼ばれ、どきどきもせず、手続きをして、会場入り。

番号が、「Z」。
一番後ろかぁ。そらそうか。

と思いながら後ろに行くと、一番後ろは「L」とか。あれ?

前に戻ってみる。みる。みる。


・・・はわわ! Σ-□-

前から3番目、関係者席か!!

端から2番目だったけど、ち、近い。すげーーー



一回目の舞台とはまた違う。
今回はパンフレットを読み込み、「猟銃」の原作も読んだ。
舞台装置の流れも頭に入っている。

コンテンポラリーダンスで
カナダでは知らない人はいないという
ロドリーグ・プロトーさんの動きを今回は注目。
あれほど、ゆーっくりとした動きを
ずーーっと続けることがすごすぎる。



水が落ちる音。
水がたまる。
そこを歩く中谷さん。美しい。なんだあれ。

台詞は、ほぼ原作通り。
3人の女性からの手紙を演じながらひたすら言葉にする。
ほとんど息つく間もなく。
ひたすら。ひたすら。半端ない記憶量。

前回よりも詰まったり、飛んでしまったりしていた。
それでも。そんなことはどうでもよい。

前回はかなり後ろ、全体が見られたが、
今回はとても近いため、
中谷さんとプロトーさんの動きがよく見える。

一人目の薔子さんが終わって、みどりさんの語りに変わるとき、
床の水はなくなり、大きな石がごろごろする。
水が下に抜けたのかな。

あいすさん、前回はこのみどりさんの語りで、
ぐらぐら意識落ちかけてしまって悔しかったのですが、
今回はちゃんと見られた。
上からでないと、床の光で照らされる範囲が狭まっていく様は見られないのだなーと思った。

怒りに震えるみどりさんが、
床に転がって叫ぶ。
あいすさんの方に中谷さんが頭を向けている。足は反対に投げ出している。

赤いワンピースの中谷さん。
胸が。胸が。。。こぼれそう←これ、前もいってたよね

三人目の彩子さんで、ぐらぐら意識落ちかけてしまって、
あまりちゃんとみられなかったです。
気がついたら、終わりに近かった。
絶食してたりしたから、体に負担が大きかったのかも。ぬー。

ああ。
すばらしかった。
中谷さん、プロトーさん、監督さん、
もろもろの関係者の方、
すてきな舞台をありがとうございました!!><

posted by あいす at 23:28| Comment(0) | いってみたよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月07日

中谷美紀さんの「猟銃」をみてきました

追記しましたーー

---


しばらくFacebookの書き込みをごらんくださいませ。
舞台直後のつぶやきのため、ネタばれありです。ご注意くださいませ。







---------


中谷美紀さんの、猟銃、舞台だん。

ほわああああ
ああ
ああ
あああ!!

中谷さん、一人三役、連続一時間半しゃべりっぱなし。
ほぼ1人舞台。
もう1人の男の人も、すごいひとだ。
ゆっくりの動きを、ずーーーっと続けてるの。

そして、何あの舞台装置。
本物水が流れてる音からはじまり、そのまま池に。
視線が中谷さんにいってたら、
2人目でいつのまにか砂利に!

三人目では砂利が一列ずつぐるっと反転して床板になりました。

私が今までみてきた舞台の中で、
舞台装置にわくわくしたのは初めてです。どーなってるんだろう。。。

---

もういっかい、近くでみたいなー
今回遠目だったから。
2人目のみどりさん役で中谷さんが転がりながら話してるところを近くでみたい
←赤い胸がめちゃわかるワンピースだった←そこかよ

三人目のさいこさん役で、
芝居しながら着物をきるという技をしていて、
着物ってあんなに体にいろいろぐるぐる巻くのかよ!
とびつくりしました。←そこかよ

話に感動したってそこらの人はいってたけど、
よくわかんない。中谷さんはもちろんすごいけど。
それよりも構成とか、舞台装置にわくわく。

---

中谷さん、14年もファンなのに
初めてリアルでお会いしたよ
(遠いけど)

中谷さんにもブツ投げたし、
余は満足じゃ。によによ

さて、何かに食して、
ボルダリングいくかー

---

アレクサンダーメソッドでてきた!猟銃のパンフレット。
だから中谷さん、動きがきれいだったのかー

---

なーるー!

フランソワ・ジラールさん、
シルクドソレイユZEDの演出してる人なのか。

だから、アレクサンダーメソッドなのか?

---

ジャイロトニック?

---

ロドリーグ・プロトーさん?
あの、一時間半ずーっとゆっくり動いてた人だ。
コンテンポラリーダンス!

モントリオールの演劇界では伝説って!

---

グレン・グールドさん!
ここで名前がでてくるとは!

猟銃おもしれー!

なんとしても、もう一回みにいく!

---

ここまでです。




この舞台、見に行ける方は見に行ったほうがよいです。
そして中谷美紀さんファンは、パンフレットはかってくださいませ。


ちなみにあいすさんは、

「中谷さんが舞台するんだってー!」

とパルシステムの舞台チケット抽選申し込みカタログをみている母に、

「じゃ、いくー」

と内容も知らず申し込み、当選し、
今日まで予備知識ゼロでパルコ劇場までゆき、
パンフレットとチラシで直前フォトリーディングで頭に入れ、観ました。

軽いw
そして、きっかけはまたしても母ww


さきほど、次はいつ行くカー!
とカレンダーとにらめっこしていました。あはん。

追記です
posted by あいす at 06:00| Comment(0) | いってみたよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。